そもそも婚約指輪って何のため?

結婚が決まれば式場の準備をしていくなどいろんなことをしなくてはいけませんが、その中で指輪も購入しなくてはと思っているカップルも多いのではないでしょうか。婚約指輪を購入して、お互いの気持ちを確かめ合うということでさらに絆が深まる、そんな気持ちにさせられます。日本では明治に指輪を贈るようになったのです。最古のものはなんと古代エジプトのものと言われているのですから、かなり昔から愛の象徴として指輪が輝いていたのですね。

金額は幾らぐらいになりそう?

購入する時に男性側が考えてしまうのが値段ですよね。結婚は幸せなものですが、それ以上にお金もかかってしまうのがつらい所です。概ね平均金額として約30万円前後が一般的ですが、今後の生活も考えて無理のない価格のものを見ていきましょう。予算も頭に描きつつ、デザインも好みのものかどうか、チェックしてみて下さい。石はダイヤが人気なので、その点も踏まえてどんな婚約指輪にするのかお店に出かけて探して比較をしてみて下さいね。

いつ頃ぐらいに贈れば良さそう?

いつ頃から準備すればいいのか、本当に何から何まで迷ってしまう婚約指輪ですが、結婚式の11~12ヶ月ぐらい前に探して、9ヶ月まえぐらいには渡していることが多いです。結納や顔合わせの時期は結婚式の6~7ヶ月前ぐらいになることが多いので、それまでには用意できるように計画を立てて探しておくようにしましょう。お店に並んでいるからすぐに購入できると思いがちですが、注文してから2~3ヶ月ぐらいかかる事もあるので、余裕を持っておきましょう。

プロポーズの時に婚約指輪を準備しておくと、忘れられない感動のプロポーズとなります。好みのブランドのものや、ダイアモンドが散りばめられているものなど、デザインも多岐に渡ります。

お知らせ
オフィシャルサイト